SAMPLE CAFE

オッドランド書類ダウンロード!!

オッドランドの企画書と報告書を一般公開します。
なんのためにそんなことするのかって言うと、今回、僕らは右も左も分からない素人たちが集まったとは言え、役所や協賛企業などを説得させるためには企画書を作る必要があったのですが、そもそも参考になるものがないので、どういう風に作ったら良いのかというところから始まりました。今後誰かが同じようになにか思い立ったとき、その最初の一歩の助けになればと思い、企画書の公開を、そして実際に開催してどうだったかという報告書をそれぞれ一般公開することにいたしました。どこかの誰かのなにかしらの参考になれればと思います。
僕らがこういったものを出し惜しみせずに提供する大きな理由は非常に単純なもので、別に僕らは慈善団体でもなんでも無く、単純に面白いこと、新しい事が増えれば自分たちも楽しめるからラッキーという、たったそれだけの理由です。
大した企画書でも報告書でもありませんが、どうかご活用頂けたらと思います。
trivago_logo  trivago_logo
※上記の画像をクリックしたらPDFファイルを閲覧なりダウンロードできます!
(報告書内で来場者や出演者の書き込みや写真を利用させて頂いていますが、もし不都合などあればご連絡ください)

ちなみに、余談ではありますが、ODD LANDは企画当初、本当に色んな人から無理だ辞めろだ、もっと規模を小さくしろ、実現できたら良いねだなんて、沢山の優しいアドバイスを貰いました。
正直、それはすごくごもっともな意見で、自分たち自身も重々理解していましたし、実際に相当な苦労もありました。それこそ、僕一人で10人分くらいの役割を背負って、他のスタッフにも相当な負担をかけてしまいました。
でも、やるからには石橋を叩きながら絶対安心な妥協点を見つける事より、実現可能な最大限を目指したいと思ったのです。



今回、何度も引用していますが、偶然見つけられたこの言葉を最後に置いておきます。



「我は求め訴えたり。変化だけを希求し、失敗を恐れず、過剰なアイデアで溢れ、完成からはほど遠く、だが、聴き手を猛烈にインスパイアする作品を。技術ではなく、知識ではなく、資本の力ではなく、素敵なアイデアだけが現状を革新するという無鉄砲極まりなく、されど高貴な夢を。だって、退屈なのはもうたくさん。何もかもが予想の範疇だ。豪快な失敗作が聴きたくないですか?」

by オルキヌス・オルカ



とにもかくにも、今回のODD LANDありがとうございました。
もっともっと作り込まれた奇妙な国が僕らの頭の中にはあります。
それを現実に近づけるため、またひっそりと動き出します。どうか次回をお楽しみに。
(ODD LAND実行委員会 / CH6ゆう)

↑ PAGE TOP